賢い会社の作り方

個人事業主が法人化する(会社を作る)メリット

法人化のメリット

個人で事業を行うとき「法人化する(会社を作る)」「個人事業主になる」という2つの選択肢があります。

もし、あなたが大きなビジネスを目指すなら会社形態の方がだんぜん有利です。

成長を目指すなら個人より会社

自分ひとりで事業を始めようとするとき、必ず法人化(会社を作る)しなければならないわけではありません。

最初は個人事業主にメリットが

農家や個人商店、フリーランスのクリエイターなど、個人で仕事をする「個人事業主」という形態もあります。

個人事業主は、会社に比べて開業手続きが簡単な上、年間売上高が800万円までなら会社という形より税金も安く済むと言われています。

ですが、個人事業主は事業規模を広げるのに限界があるため、大きな成功を目指すには会社の方が向いています。

その理由をご説明します。

社会的信用が大きいのは会社

あなたのビジネスの仕入先候補リストに、会社と個人とがある場合、会社を優先するのが通常の考え方ですね。

一般的に、個人より会社の方が経営は安定しています。

個人事業の場合、その人が事業をやめれば取引が出来なくなります。
しかし会社の場合は、創業者がどうなっても事業は簡単にはなくなりません。

つまり会社には、長く取引を続けられるという信用があるのです。
取引条件が同じなら、仕入先には「会社」を選ぶのではないでしょうか?

会社のメリット

社会的信用の高さは、取引での有利さ以外にもメリットがあります。

事業を継続するには資金が必要ですが、会社と個人では融資の受けやすさが大きく異なります。

また、お金と並んで必要になってくるのが労働力、つまり従業員です。
就業後の安定度を考えれば会社の方が人は集まりやすいでしょう。

会社を作るメリット

1)商売がしやすい

同じ条件の商品があるとき、 個人より会社から買う方が安心できます。

2)資金を集めやすい

公的機関や金融機関に融資を申込むとき、会社の方がパスしやすい。

3)労働力を集めやすい

従業員を募集する場合、やはり個人事業主より、会社への就職希望者の方が多いもの。

個人事業主と会社の比較

個人事業主と法人化(会社を作る)との違いを表にまとめました。

 

 

区分 個人事業主 会 社
設立手続 所轄の税務署に届出ればOK。一日で完了する。定款や登記申請などは必要ない。 定款を作り、多数の提出書類を用意するため、それなりの手間と費用がかかる。
責任 個人の事業であるため、負債があれば当然個人的財産が返済に充てられる。無限責任という。 出資額以上の責任を負う必要はない。有限責任という。(合名会社・合資会社を除く)
社会保険 普通は「社会保険無し」の状態。(定められた手続きを踏めば加入することはできる) 会社設立の時点から、全ての会社は社会保険に加入する義務を負っている。
経理 複式簿記(※)より簡単な方法でお金の動きを記録しておけばOK。素人でも充分に対応可能。 複式簿記(※)による帳簿作成や計算書類の作成など、専門的な作業が必要になる。

 ※ 複式簿記:収支ごとに、ある勘定の「借方」と他の勘定の「貸方」を対にして、勘定元帳に記入する方法。各勘定の貸借各々の総計が一致する仕組み。