賢い会社の作り方

会社の種類

会社の種類

会社の形態には4つ種類があります。
株式会社以外の形態についてもひととおり確認しておきましょう。

会社には4つの形態がある

現在は国内のほとんどの会社が株式会社(特別有限会社を含む)ですが、株式会社以外の形態もわずかながら存在しています。

旧法の時代からあった「合資会社」と「合名会社」に加え、会社法によって誕生した「合同会社」です。

つまり現在、日本の会社には、

・株式会社
・合資会社
・合名会社
・合同会社

の4形態があります。

会社の形態で何が違うのか?

会社の形態を区別する主な基準は、
・資金の集め方
・社員(出資者)の責任範囲
の2点です。

資金の集め方

資金の集め方には次の2つの方法があります。
(1)株式を発行して1人以上の出資者に引き受けてもらう
(2)現金や財産を直接出資してもらう

株式会社は(1)のスタイル、合資会社と合名会社、合同会社は(2)のスタイルです。

社員(出資者)の責任範囲

「社員(出資者)の責任範囲」とは、その会社が倒産したとき、債権者に対してどこまで責任を負うのかという限界のことで、次の2つに分かれます。

(1) 有限責任・・・出資額を放棄する以上の責任は問われない
(2) 無限責任・・・私財を投じてでも債務を完済しなければならない

株式会社と合同会社は(1)のスタイル、
合名会社は(2)のスタイル、
合資会社は(1)と(2)の混合型です。

合資会社と合名会社

合資会社と合名会社は、
・最低資本金の条件がない
・設立手続きが簡単
が大きなメリットでしたが、社員の責任が重いため実際の企業数はごく少数です。

会社法の施行によってメリットも弱まったため、今後も企業数が増えるとは考えにくい状態です。

合資会社

無限責任社員と有限責任社員からなります。

社長である自分以外に出資者を求める場合に適した会社形態で、社長以外の出資者は有限責任社員となります。

合名会社

出資者全員が無限責任社員。

各社員の責任が大きく「仲間割れ」は「経営危機」に等しいため、家族や親類同士など経営する小規模な会社がほとんどです。

持分会社とは?

持分会社(もちぶんがいしゃ)とは、「合資会社」「合名会社」「合同会社」の3つをまとめた呼び方です。

株式会社に対して、より小規模で自由な会社設計が可能な形態として、会社法によって整備されました。