会社法施行規則(法務省令)

法務省令「会社法施行規則」は会社法による規定を、実施に即してさらに詳しく定めたもので実際の企業の指針となるものです。

法務省令「会社法施行規則」の内、企業人として知っておきたいポイントを抜粋して、下記に解説します。


会社法施行規則(法務省令) 記事一覧

法務省令「会社法施行規則」とは何か?
会社法の実施に即して必要な事項を定めたものです。
会社法施行規則 (法務省令) の重要な項目
会社法施行規則の10項目です。
親会社及び子会社の定義の変更
財務及び事業の方針の決定を支配しているか?
法務省令「会社法施行規則」第100条
条文の紹介です。
親会社及び子会社の定義の変更-2
親会社及び子会社の定義変更によって、実務上いくつかの影響が出てきます。
親会社及び子会社の定義の変更-3
法改正によって「社外取締役」でなくなるケースが出てきます。
業務の適正を確保する体制
会社法施行規則 第98条、100条、112条 に定められています。
社外取締役等の選任
選任議案の参考書類に記載する場合があります。
 スポンサードリンク

カスタム検索
 
おすすめ!リンク  第二種金融商品取引業更年期障害うつ病IFRSXBRL