第三者割当増資への規制

会社法改正要綱案(2012年8月)には、
・ 第三者割当増資への規制
多重代表訴訟制度の導入
・ 社外取締役の要件の厳格化        などが盛り込まれています。

第三者割当増資への規制とは何か?

第三者割当増資への規制は、経営に株主の声をもっと反映させたいという投資家に配慮した法改正です。

第三者に新株を割り当てる増資に関する規制で、
 ・ A社がB社の子会社になる
 ・ C社がD社の傘下に入る
などの際、新株の引受先による事実上の買収となる場合があります。

このような場合、増資をする会社の経営者が、いわば大株主を選ぶのに等しいこととなりますが、従来の会社法では、このような重要な局面でも既存株主の意見は反映できません。

新たな会社法では、第三者割当増資への規制を盛り込むことで、
 ・ 引受先が議決権の過半数を握るような増資を行う際、
 ・ 株主の10%以上が反対した場合
株主総会の決議を必要とするように改められる予定です。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA