任意積立金と繰越利益剰余金

利益剰余金は「利益準備金」と「その他利益剰余金」に区分されます。

さらに「その他利益剰余金」は「任意積立金」と「繰越利益剰余金」に区分されます。

<任意積立金>

任意積立金とは、株主総会や取締役会の決議による会社独自の判断で積み立てる利益の社内留保額であり、法律によってその設定が強制されるものではありません。

任意積立金は以下のように区分されます。

1) 特に目的を限定しないもの
   別途積立金

2) 特定の目的を限定したもの
   修繕積立金、減債積立金、配当平均積立金 等

3) 税法上の特例を利用するために設けるもの
   圧縮積立金、特別償却準備金 等

<繰越利益剰余金>

繰越利益剰余金とは、旧来の「当期末処分利益」の名称を改めたものです。

繰越利益剰余金は、当然ですが「その他利益剰余金」の内、「任意積立金」以外の部分を指します。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA