会社設立時に必要な費用はいくらか?

会社設立にあたって最低限必要な費用はどのくらいでしょうか?

資本金を1円にしてもよいとは言うものの、これから起業を考えている方には、コストが非常に気になります。

株式会社の設立手続きは「発起設立」と「募集設立」に分かれており、それぞれ次ようなコストがかかります。

<発起設立の費用内訳>

株式会社を設立する最低限の費用として、以下の 約24 万円が必要です

1) 資本金 ・・・ 1円

 会社法では、会社の設立に際して出資すべき額についての下限額の制限が撤廃(出資額規制の撤廃)されたため、1円の資本金でも株式会社を設立できます。

2) 定款認証にかかる手数料 ・・・ 5万250円

定款の認証にともなって公証人に支払う手数料は、公証人手数料令によって次のように定められています。

 ・ 公証人に支払う手数料 ・・・ 5万円
 ・ 謄本1枚あたり手数料 ・・・ 250円

3) 定款の印紙税 ・・・ 4万円

定款には収入印紙4万円を貼付します。(印紙税法)
定款を、書面ではなく電子定款にすれば、この印紙税は課税されません。

4) 登録免許税 ・・・ 15万円〜

登録免許税は、資本金の金額の1,000分の7( 0.7%)または15万円のいずれか高い方の金額を納めます。(登録免許税法)

<募集設立の費用内訳>

募集設立の場合は、発起設立の場合に必要な金額にプラスして、払込取扱機関の払込金保管証明書手数料が必要です。(金額は払込み取扱機関によって異なります)


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA