株式会社の設立 「発起設立」と「募集設立」

株式会社の設立とは、株式会社という団体を形成し、法人格を取得して法律上の人格者(法人)になることですね。

言い換えれば、株式会社の設立手続とは会社が法人格を取得するまでの手続きのことであり、設立登記をしないと会社としての権利や義務を持つことができず会社として認められません。

株式会社は、発起人が一人でも設立することができます。
また発起人の資格には制限がないため、法人でも自然人でも株式会社の発起人に就任することができます。

株式会社の設立には「発起設立」と「募集設立」の2種類があります。

発起設立」とは、発起人が設立時発行株式の全部を引き受ける方法です。(会社法25条1項1号)

また「募集設立」とは発起人が設立時株式を引き受けるほか、設立時発行株式を引き受ける者の募集をする方法による設立です。(会社法25条1項2号)

つまり発起設立と募集設立との違いは、発起設立が発起人のみで設立時発行株式の全部を引き受けるのに対し、募集設立は設立時株式の一部については発起人以外の者が引き受ける点です。

株式会社のほとんどは、発起人設立によって設立されています。
2種類の設立方法のうち、発起設立の方が便利であり、いろいろな意味で有利と言われています。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA