三角合併とは何か?

三角合併とは、企業を買収する際に、子会社に買収対象会社を吸収合併させる仕組みのことで、国境を越えた企業買収で主に使われます。

二社間ではなく、買収側の@親会社 とA子会社、B買収対象会社の三者が関わるために三角合併と呼ばれています。

三角合併は、実質的には株式交換を使ったM&A(企業の合併・買収)のことで、B買収対象会社の株主は存続会社(A子会社)の親会社(@)の株を合併の対価として受け取ります。

子会社が買収対象会社を吸収合併することによって、親会社によるM&Aと同様の効果を期待するものです。

もともとは、州ごとに会社法が異なる米国や合併制度がない英国において技術的なニーズから発達した手法です。

三角合併は会社法によって可能になりましたが、会社法の施行に1年遅れて2007年(平成19年)5月から実施が可能となりました。

合併等の対価の柔軟化

カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA