ブラック・ショールズ・モデル

ブラック・ショールズ・モデルとは、オプション価格の評価モデル(算定技法)の代表的なものです。

ストック・オプションは、企業会計基準委員会(ASBJ)の基準によって、公正価値を算定し、これを権利確定日まで期間配分する必要があります。

ストック・オプションの公正な評価価格の算定に用いられるのがブラック・ショールズ・モデルです。

計算式は、下記の項目によって計算されます。

(1) 行使までの期間
(2) 行使価格
(3) 現在の株価
(4) 株価の変動率(ボラティリティ)
(5) 金利


ブラック・ショールズ・モデルは、1973年 5月にフィッシャー・ブラック(Fischer Black)とマイロン・ショールズ(Myron Scholes)の二人が共同で発表し、ロバート・マートン(Robert C. Merton)が数学的に正しいことを証明しました。

フィッシャー・ブラックは1995年に亡くなってしまいましたが、1997年にマイロン・ショールズとロバート・マートンの二人はこの評価モデルによって、ノーベル賞経済学賞を受賞しています。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA