現金合併や三角合併も可能に

合併等の対価の柔軟化により、現金合併(消滅会社の株主に金銭のみを交付する合併)や、三角合併(消滅会社の株主に親会社の株式を交付する合併)などが可能になりました。

現金合併では、組織再編の前後で株主の構成が変化しないため、会社の経営状況を維持したまま組織再編を行うことができます。また、いったん消滅会社の株式を買い取って完全子会社化した後に吸収合併の手続を進めるといった手間・コストをかける必要もなくなります。

現金合併三角合併の活用によって組織再編を迅速に進めることが出来ます。

参考ページ: 三角合併とは何か?


合併等の対価の柔軟化


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA