合同会社(LLC)とは何か?

合同会社(LLC)は、新会社法で新設された新しい会社類型です。

合同会社(LLC)は、有限責任社員のみで構成され、かつ組織の内部自治を認める会社類型で、有限責任事業組合(LLP)とともに、創業やジョイントベンチャーなどでの活用が期待されています。

合同会社は、アメリカのLLC(Limited Liability Companyリミテッド・ライアビリティ・カンパニー)を参考にしているため、「日本版LLC」とも呼ばれています。


旧法での会社類型は、大きく分けると次の2タイプしかなく、選択が硬直化していました。

 @「有限責任社員」のみで構成され、「組織の規律が厳格」な株式会社・有限会社
 A「無限責任社員」が存在し、「組織の内部自治」が認められる合名会社・合資会社

 新設された合同会社(日本版LLC)は、「有限責任社員」のみで構成され、「組織の内部自治」が認められるもので、旧来に無い新しい会社類型です。

 ▲このページの先頭へ


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA