剰余金の株主への分配はどう変わるか?

配当は、株主総会の決議によりいつでもできるようになりました。

これまで、利益の配当の回数は、通常の配当と中間配当の年2回に限られていましたが、分配可能額の範囲内で配当を行う限り、その回数に制限を設ける合理的理由がないと指摘されていました。

 新会社法では、利益の配当について、株主総会の決議によりいつでも行えることになります。

また、配当や自己株式の有償取得等、会社財産が株主に払い戻される行為が「剰余金の分配」として整理され、統一の財源規制の下に置かれます。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA