四半期ごとの配当も可能です!

配当など剰余金処分の権限を、株主総会から取締役会に移管することが出来ます。

会社法の施行によって可能となったものですが、定款変更が必要なため、株主総会で決議する必要があります。

決定すれば、四半期ごとの配当も可能となるため投資家や株主の関心も高まっており、株主総会の議題の目玉のひとつといえます。

実現するためには、いくつかの条件があります。
※下記の参考ページをご覧ください。

取締役の権限を強めることとなるため、取締役の任期を1年に短縮して、株主が1年ごとに取締役の実績を評価できるようにするなど、条件をクリアすれば機動的な運営が可能になります。

参考ページ
配当は何回行っても良い
配当の回数制限の廃止
四半期ごとの配当も可能です!
制度導入に必要な定款変更 その2


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA