日本版SOX法の内部統制とは?

日本版SOX法(金融商品取引法)の基礎となる基準案で示された内部統制は以下の4つの目的と6つの基本的要素から構成されます。

4つの目的
 @ 業務の有効性及び効率性
 A 財務報告の信頼性
 B 事業活動に関わる法令等の順守 (コンプライアンス)
 C 資産の保全

◆ 6つの構成要素
 @ 統制環境
 A リスクの評価と対応
 B 統制活動
 C 情報と伝達
 D モニタリング
 E ITへの対応

国際的な内部統制議論が、米国のCOSO(トレッドウェイ委員会支援組織委員会)報告書をベースとしていることを考慮して、その内部統制の枠組みを基本的に踏襲しつつも、日本の実情を反映し、COSO報告書の3つの目的と5つの構成要素にそれぞれ「C 資産の保全」、「E ITへの対応」の1つずつを加え、4つの目的と6つの基本的要素としています。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA