取締役の第三者に対する責任

新会社法では、取締役の第三者に対する責任について以下のとおり規定されています。

取締役は、会社に対する責任以外に、取締役等の会社役員が第三者に損害を与え、悪意または重過失があった場合には、当該第三者に対しても損害賠償等の責任を負います。

 第三者に対する責任については、責任の免除、制限の規定はありません。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA