取締役の会社に対する責任

取締役は、会社法では次のような行為によって会社に損害を与えた場合、他の役員等と連帯して損害賠償等の責任を負うこととされています。

@ 違法配当 : 分配可能額を超えて剰余金の配当を行うような場合。
A 利益供与 : 株主の権利行使に関して、株主に対し金銭その他の財産を供与するような場合。
B 利益相反取引 :取締役と会社の利益が相反する取引を行うような場合(原則取締役会決議必要)。
C 法令・定款違反 :法令や定款に違反するような行為を行うような場合。

@からBの行為は、これまで無過失責任とされていましたが、新会社法で原則過失責任となり、不注意ミスがない(無過失)場合は責任を負わなくなります。

※「不注意ミスがない(無過失)」ことの証明は、取締役が行う必要があります。
※自ら利益供与や自己のための利益相反取引を行った取締役は、無過失責任となります。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA