会社設立手続はこう変わる

最低資本金制度の撤廃、類似商号規制の廃止、払込金保管証明制度の一部廃止等を含め、会社設立手続の簡素化が図られています。

近年の日本では、廃業率が開業率を上回る状態が続いており、新たな事業の創出・雇用の受け皿の確保によって経済活動の活性化を図るため、創業の支援が必要とされていました。  新会社法では、このような観点から、会社の設立手続が大幅に見直し・簡素化されたのです。

新会社法で簡素化された主な手続には、次のようなものがあります。

 @ 最低資本金制度の撤廃
 A 類似商号規制の廃止
 B 払込金保管証明制度の一部廃止

 ※会社設立手続が簡素化され、設立費用も大幅に軽減されます。

 会社設立手続はこう変わる

会社設立手続比較


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA