会計参与の制度を創設する

会計参与制度が創設されました。

会計参与制度は、
主に中小規模の株式会社の計算書類の適正さを確保するための制度
と言えます。

会計参与とは、
 ・株式会社に新たに設けられる機関(役員)で、
 ・会計に関する専門的識見を有する公認会計士(監査法人を含む)又は税理士(税理士法人を含む)が、
 ・取締役と共同して計算書類を作成すること等をその職務とするものです。

会計参与は、株式会社の規模にかかわらず、任意に設置することができる機関であり、計算書類の作成だけではなく、会社とは別に計算書類を保存し、株主や債権者に対して、これを開示する義務を負っています。

株式会社であれば、その規模や機関設計のいかんにかかわらず、定款で会計参与を設置する旨を定めることができます。

ただし、どのような株式会社であっても、会計参与を設置することを義務付けられることはありません。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA