有限会社は簡単な手続きで株式会社に

有限会社という会社類型は無くなりました。

既にある有限会社は今後、株式会社として存続することになります。(この会社を「特例有限会社」といいます)

特例有限会社は、商号中に「有限会社」という文字を含む必要があるなど、新会社法にはいくつかの特則が定められています。

新法の施行後、特例有限会社から通常の株式会社に移行するためには、

(1) 商号の変更(○○有限会社→○○株式会社)についての定款の変更を
(2) 株主総会において決議し、

本店の所在地では、決議から2週間以内、支店の所在地では3週間以内に、

(3) 株式会社の設立の登記の申請と
(4) 特例有限会社の解散の登記の申請を行う必要があります。


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA