配当は何回行っても良い

株主に対する利益の還元方法の多様化・柔軟化を図るため、次のような見直しが行われました。

 ■ 株主に対する金銭等の分配(剰余金の配当)及び自己株式の有償取得を整理し、これらについて統一的に財源規制がかけられます。

 ■ 剰余金の配当は、いつでも、株主総会の決議によって決定することができるもの

とされています。

※ 委員会設置会社以外の株式会社であっても一定の要件を充たすもの(取締役会のほか監査役会及び会計監査人を設置し、かつ、取締役の任期を1年とするもの)については、定款の定めを置くことにより、取締役会の決議をもって剰余金の配当を決定することができるものとされています。

参考ページ
配当は何回行っても良い
配当の回数制限の廃止
四半期ごとの配当も可能です!
制度導入に必要な定款変更 その2


カスタム検索
 
おすすめ!リンク   第一種金融商品取引業更年期障害うつ病NISA