会計参与制度の新設

新会社法で会計参与制度が創設されました。

会計参与は、株式会社の規模にかかわらず、任意に設置することができる機関であり、計算書類の作成だけではなく、会社とは別に計算書類を保存し、株主や債権者に対して、これを開示する義務を負っています。会計参与制度について解説します。


会計参与制度の新設 記事一覧

新設された会計参与とは?
会計参与は、取締役と共同して計算書類の作成・開示等を行う・・・
会計参与の資格要件
会計参与には資格要件があります。
会計参与―創設のねらい
 これまで、中小企業における会計監査は主に・・・
信頼性の高い決算書作成のメリットとは?
中小企業が決算書の信頼性を向上させることのメリットは・・・
会計参与の責任
会計参与は、会社や第三者に対して社外取締役と同様の責任を負います。
会計参与―設置は完全に会社の任意
会計参与の設置は完全に会社の任意であり、機関設計や・・・
会計参与とは?―まとめ
◆会計参与の設置   任意であるが、設置した場合は、その旨および氏名または名称の...
 スポンサードリンク

カスタム検索
 
おすすめ!リンク  第二種金融商品取引業更年期障害うつ病IFRSXBRL