決算と計算書類(決算書)

会社法で定める計算書類とは貸借対照表損益計算書株主資本等変動計算書個別注記表 の4つです。


決算と計算書類(決算書) 記事一覧

計算書類(決算書)の種類と新旧対応
名前が変わったり、不要になったり・・・
純資産の部を新設−新会計基準
貸借対照表に「純資産の部」が新設されました。
新会計基準―新しい用語定義
株主資本など、指標の算出方法や呼称が変わります。
事業報告−新しい用語定義
会社法によって名称や取り扱いが変更されました。
貸借対照表の変更点
貸借対照表の記載例もありますよ!
損益計算書の変更点 その1 【当期未処分利益】
損益計算書も変わります。
損益計算書の変更点 その2 【役員賞与】
費用への計上が義務付けられました。
株主資本等変動計算書の新設導入
決算期間中の純資産の変動推移が一覧できます。
利益剰余金とは何か?
利益の内、社外に分配せず企業内に留保したもののことを言います。
繰越利益剰余金 −新しい勘定科目
「純資産」の中にある新しい勘定科目です。
注記表 ―新しい計算書類
ただし、まとめて一覧表示することは義務付けられていません。
事業報告の新しい記載項目
事業報告に新たに追加された記載項目は、記載内容について検討が必要です。
任意積立金と繰越利益剰余金
「その他利益剰余金」は「任意積立金」と「繰越利益剰余金」に区分されます。
 スポンサードリンク

カスタム検索
 
おすすめ!リンク  第二種金融商品取引業更年期障害うつ病IFRSXBRL