定款変更と登記申請

会社法には、導入を選択できる任意の制度がいくつも新設されました。

新制度の導入・活用には株主総会での定款変更の特別決議(出席議決権者数の三分の二以上)が必要です。


定款変更と登記申請 記事一覧

新会社法−施行によって登記申請が必要か?
ほとんどの会社では、新たに登記の申請をする必要はありません。
職権登記されるもの −株式会社の場合
株式会社について職権登記が行われるものは次のとおりです。
職権登記されるもの −特例有限会社の場合
特例有限会社について職権登記が行われるものは次のとおりです。
職権登記されるもの−合名会社・合資会社の場合
合名会社・合資会社について職権登記が行われるものは次のとおりです。
制度導入に必要な定款変更
会社法の新制度の導入・活用には、株主総会での決議が必要です。
制度導入に必要な定款変更 その2
定款に盛り込むことが出来る任意制度の例を挙げます。
四半期ごとの配当も可能です!
配当など剰余金処分の権限を、株主総会から取締役会に移管出来ます。
インターネットで情報開示
ただし定款変更が必要です。
インターネットで取締役会決議
制度導入に向けて定款変更をする会社が増えています。
共同代表の定めの登記はどうなるか?
各代表取締役が単独で代表権を行使することが出来るようになりました。
株主総会議事録への署名押印は必要か?
署名押印は必要とされていません。ただし例外があります。
支店の登記はどう変わるか?
支店の所在地において登記される事項は次のとおりとなりました。
 スポンサードリンク

カスタム検索
 
おすすめ!リンク  第二種金融商品取引業更年期障害うつ病IFRSXBRL