発起設立の手続き

会社設立手続きは「発起設立」と「募集設立」の2種類があります。

「発起設立」とは、発起人が設立時発行株式の全部を引き受ける方法です。(会社法25条1項1号)
「発起設立」について以下の項目に沿って解説します。


発起設立の手続き 記事一覧

定款の作成 (発起設立)
原始定款と絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項
定款の認証 (発起設立)
公証人役場で定款の認証手続きを行います。
株式発行事項の決定 (発起設立)
今後、大きく簡略化されるプロセスと言ってよいでしょう。
株式の引受けと出資の履行 (発起設立)
発起設立の場合は、「残高証明書」でOKです。
設立時役員等の選任 (発起設立)
出資の履行が完了した後、遅滞なく選任しなければなりません。
会社設立の登記 (発起設立)
設立登記をしないと会社として認められません。
 スポンサードリンク

カスタム検索
 
おすすめ!リンク  第二種金融商品取引業更年期障害うつ病IFRSXBRL