会社法−改正のポイント(2006年)

会社法 改正のポイントです。

内部統制システム、会社法施行規則(法務省令)、登記申請・会社設立の手続きの変更点など、いずれも従来のルールとは大きく変更されました。正しい対応が必要です。


会社法−改正のポイント(2006年) 記事一覧

新会社法のポイント
会社法の主な変更ポイント、11項目です。
有限会社が無くなった
会社法で、有限会社という会社類型は無くなりました。
取締役は1人しかいなくてもよい
取締役1人しかいない株式会社が認められることとなりました。
取締役の任期を10年にできる
取締役の任期は10年まで延長できます。
資本金を1円にしてもよい
ベンチャー起業家には1,000万円の資本金を集めることは大変であり・・・
配当は何回行っても良い
株主への利益の還元方法の多様化・柔軟化を図る見直しです。
会計参与の制度を創設する
会計参与制度が創設されました。
類似商号を使っても良い
会社法では「類似商号規制」が廃止されました。
企業の再編が簡単になる
より機動的な簡易組織再編が可能となりました。
払込金保管証明書が必要なくなった
会社設立時の払込金保管証明制度が、変わりました。
合同会社(LLC)を作ることができる
合同会社(LLC)は新会社法に定められた新しい会社類型です。
 スポンサードリンク

カスタム検索
 
おすすめ!リンク  第二種金融商品取引業更年期障害うつ病IFRSXBRL